今すぐ始められる「稼げる副業」とは?>>

失敗しない!シングルマザー向けシェアハウスの選び方

シングルマザー向けシェアハウスは、住居費を節約できるだけでなく、傷ついたり孤独を感じているシンママにとって憩いの場になります。中には食事や学習支援を提供してくれる物件、築浅でおしゃれな物件など、賃貸住宅では得られない魅力が満載です。

ですが、共同生活であるが故のデメリットがあることも忘れてはなりません。

そこで、今回はわたし自身が実際にシングルマザー専用のシェアハウスに暮らしたからこその経験談を踏まえながら、より良いシェアハウスの見つけ方を紹介していきます。

シングルマザー向けシェアハウスの特徴

シングルマザー向けシェアハウスとは

シングルマザー世帯専用の共有スペースを持つ賃貸住宅です。自分たち家族の個室以外、リビングルームやキッチン、トイレ、お風呂場などは他の入居家族と共有して使います。シェアハウスの建物はマンションやアパートなどの集合住宅タイプ、一軒家タイプをシェアハウス用にリフォームされたものがあります。部屋・空間を貸し出しているだけのところもありますが、独自の支援サービスを提供しているハウスもあります。

シングルマザー向けシェアハウスならではのサービス

それぞれのシェアハウスにより特徴や提供しているサービスは異なりますが、主に「住まい」「生活」「仕事」「育児」の4つまたは一部を支援してくれるのが特徴です。

1.家賃が安く抑えられる

居住スペースを他の家族とシェアできるため、広々としたスペースを低い家賃で借りることができます。また、敷金礼金ゼロの物件もあるので、初期費用をかけずに引っ越しすることも可能です。

2.最低限の生活を保障されている

ベッドなどの家具、お米や調味料、洗剤などの日用品、電気水道ガス、インターネットなど、生活に必要な最低限のモノは提供していることが多いです。未就職であったり保証人なしでも入居できる物件があります。

3.仕事を紹介してくれる

就職先を探しているママに仕事を紹介してくれます。特に人気の物件では遠方から引っ越してくるママも少なくありません。引っ越してきてすぐに仕事を始められるよう斡旋してくれる心強いサービスです。

4.子育て支援をしてくれる

せっかく就職できても子供が熱を出したり、お迎えが遅くなってしまうときに、夕食の用意や子守をしてくれるサービスがあります。また、保育園が決まるまでの間は提携の託児所を優先的に利用できるサービスもあります。

注意
利用できるサービスはシェアハウスにより異なります。

実際に暮らしてわかったこと

最大のメリット引っ越してすぐに生活が立て直せる

シェアハウスで住居と仕事と保育園を優先的に見つけられる環境は、金銭面で追い詰められていた知り合いのママにはとても心強そうでした。わたし自身は家賃を半分以下におさえられたことで、貯金や教育費などに充てられるようになりました。さらに、話し相手がいること、誰かが家にいることの安心感、様々な子育て観、価値観に触れられるいい機会となりました。

最大のデメリットママ同士の人間関係が難しい

「子ども」「ママ限定」というシェアハウスだからこそ、入居者同士でトラブルになる可能性が高くなりがちです。例え同じシングルマザーといえども、実際には価値観、バックグラウンド、子育て観、性格が全く異なる者同士が集まるため、ストレスが高まりやすい環境です。それらを尊重できないママもいます。わたし自身も、わたしが知る限りでもみな1年で退去しています。

シングルマザー専用シェアハウスに入居する前の心構え

長く暮らすことはできない

女性同士だけの環境で人間関係がうまくいっているシェアハウスがあるとすれば、かなりレアです。管理人さんがうまく中に入っているのか、入居前に入居者を吟味しているか、もしくは適度な距離感が保てるような設計になっているのかもしれません。いずれにせよ、長く暮らすことを前提に入居せず、自立するための場所、1年以内に生活を立て直して退去するという心構えがあるといいでしょう。

長く暮らしたいなら多世代型シェアハウスへ

もしもあなたがシェアハウスに長く住み続けたいのであれば、ファミリーから独身まで年代など様々な人たちが暮らせるシェアハウスを考えた方がいいかもしれません。また、小規模シェアハウスよりは大型シェアハウスの方が人間関係は楽かもしれません。

あなたにとって今どんな問題を解決したいのか、最優先事項は何か?シングルマザー専用シェアハウスである必要性を明確にしましょう。

シングルマザー専用シェアハウスの選び方

シェアハウスに入居する心構え、目的意識を明確にしたところで次はシェアハウスの選び方です。

入居する前に確認しておきたいこと

入居する前はできれば入居者を交えての見学、体験入居をした方がベターではありますが、遠方へ引っ越す場合など訪問が難しいこともあります。そういう場合は、以下のことを確認することをおすすめします。

あなたの優先すべき目的をはたせるのか

一番の最重要事項は、あなたが受けたいサービス・求めているものがそこにあるかどうかです。

適度に距離がおける空間になっているか

距離感、窮屈そうなハウスなのか、広々としたハウスなのか。世帯数が多いか少ないか、ある程度一定の距離を置けるか。ストレスをできだけ少なくし、より長く暮らして区ためにも適度な距離感は大切です。

入居者の入居年数はどれくらいか

今入居者を含めて、これまでの入居者はどれくらいの期間暮らしてきたのか。入れ替わりが激しい、早い場合、ほとんど入れ替わらない場合などなぜそうなのかの理由を聞いてみたり自分なりに整理するといいでしょう。

入居している人はどんな人たちか

あなたが入居しようと考えているその時に、馬の合いそうなママたちがいそうか、うまくやっていけそうか。シェアハウスが合う合わないは、あなた自身の性格よりも、一緒に暮らしていくママたちとの相性にかかっています。

明るい未来が描けたら飛びこんでみよう!

今回は、シェアハウスならではの人間関係の難しさを紹介しましたが、それをもってしても一人で子育てするシングルマザーにとっては心強いサービスが充実しています。おしゃれで素敵な物件も多くあるので、ぜひ一度のぞいてみてください。

全国のシングルマザー向けシェアハウス一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA